文協表彰
令和2・3年度被表彰者
 本年度は、コロナ感染対策をふまえ、できるだけ簡略した内容と会場の定員を超えない人数制限で何とか無事に総会を開催することができました。
 
 昨年度は、総会を開催することがかなわず、書面議決において議案を議決しました。
表彰式も行うことができませんでしたので、本年度の総会において、一緒に表彰させていただきました。
過去の文協表彰一覧
 年度  文化賞  功労賞 奨励賞 
 令和3年度  小林 憲三(写真)
 鈴木 康祐(工芸) 
 壁谷 禮伺(俳句)   
 令和2年度  金原 久雄(謡曲)   内田 陽子(俳句)   井野 佐登(短歌) 
平成31年度     山元 定男(絵画)
 牧原 克子(俳句)
 松井 晨翠(華道)
 田中 章子(吟剣詩舞)
 稲石 徳子(筝曲)
 丸山 寿津江(書道)
平成30年度     尾ア 隆(写真)
 俵 佑方人(俳句)
 中田 武司(筝曲)
 近藤 恭子(洋楽)
 市川 勝代)工芸)
 
平成29年度   平田 正文(謡曲)   米今 常明(吟剣詩舞)
 加藤 芙美代(短歌)
 大場 満寿美(邦楽)
 藤田 芳子(書道) 
 平成28年度  蒲郡市シニア吹奏楽団   尾崎 庄一(吟剣詩舞)
 小田  勝(絵画)
 神田 あき子(短歌)
 牧野 一古(俳句)
 近藤 佐代子(工芸)
 
平成27年度   木村 君多香(邦楽)
 小田 静生(俳句)
 伊藤  伸(短歌)
 杉浦  才(工芸)
 蒲郡ぞう親子うたう会
 みかん(洋楽)
 
平成26年度    坂部  傑(筝曲)  岡本 八千代(短歌)
 野々山 敏江(筝曲)
 大嶽 澄幸(工芸)
 竹内 宗綏(茶道)
 青い鳥合唱団(洋楽)
 
平成25年度      柴田 華泉(華道)
 松本 健(写真)
 山中 昇治(吟剣詩舞)
 本多 令佳(俳句)
 蒲郡NYコーラス(洋楽)
 
平成24年度   山本 克實(洋楽)   山本 忠典(吟剣詩舞)
 俵  朝子(短歌)
 大竹 翠葉(書道)
平成23年度    松本 守雄(吟剣詩舞)  小田 吾一(盆栽)
 渡辺 みつ子(俳句)
 星野 美智子(工芸)
 ハーモニカ蒲郡(洋楽)
  壁谷 桔華(書道) 
平成22年度  小泉  茂(水墨画)  小嶋 昭風(俳句)
 遠山 翠雲(華道)
 竹内 清乃(歴史散歩)
 
平成21年度    小田 次弥(邦楽)
 木曜会(洋楽)
 
平成20年度  林   正夫(短歌・工芸)
 伊藤 健司(洋楽)
 大竹 正泰(俳句)
 竹内 慶星(華道)
 竹内 弘吉(菊花)
 牧原 春美(吟剣詩舞)
 蒲郡女声コーラス(洋楽)
 
平成19年度  藤田 竜生(洋楽)  鈴木 みや子(俳句)
 手嶋 文子(短歌)
 河合 文宏(俳句)
 新井 信岳(吟剣詩舞)
  金原恵美子(絵画)
平成18年度   蒲郡市吹奏楽団(洋楽)  中村 昭子(絵画)
 桜木 宗峯(茶道)
 渡辺 利夫(歴史散歩)
 三浦 俊成(吟剣詩舞)
 鈴木  要(邦楽)
 
平成17年度   市川 祐次   小林 秀雄
 杉浦 英鳳
 松岡 朗雲
 大竹 翠谿
 西川 佳ふ久
 
平成16年度     竹内 貞治
 竹内 清苑
 大竹 欣哉
 小笠原宗秀
 本多 宗峰 
 
平成15年度  大原 義政  竹下 東園
 小田 寛二
 横田  稔
 加藤 昭一
 大場 宗由
 島田 味千代
 尾崎 統陽 
 大岩 満雄
 壁谷 和雄
平成14年度    吉見 敏雄
 荒島 禾生
 市川 祐次
 鈴木 つや子
 藤田 海陽 
 
平成13年度    塩沢 秋野
 高橋 宗裕
 鈴木 竹治
 西川 廣乃 
 神田 あき子
 野澤 佐保子 
平成12年度   市川 一巳
 富田正代司
 小田登美夫
 早瀬 碧雲 
 岩瀬  正
 羽柴 秀一
 市川 秀峰
 横山 金治
 松本 守雄 
 
平成11年度  松井 史郎   足立 光嶽
 熊谷 庄次
 木村 四七夫
 米田 宗恵
 岡本 邦彦
 鈴木 殖夫
 佐伯 伊穂栄
 市川 裕康
 
平成10年度   小田実希次   榊原  昭
 常磐川藤明
 近藤 雄一 
 
平成9年度     畑田与志夫
 安藤 録郎
 鈴木 涛石
 小笠原好子
 北河 宗光
 
平成8年度  石川 鹿童   小田 高風
 西川 矢扇
 楠  霞城 
 道下 利雄
平成7年度     山下 竹芳
 佐久間文景
 平野 好月
 山田 辰治
 中村  達
平成6年度  山田 牛歩   中川醇次郎
 原田 宗静
 坂田沙香枝
 織田 寿美
 三喜 清菊
 西川 延子
 西川  釉
 木村君多香 
 榊原 栄一
 西崎喜太夫
 蒲郡フィルハーモニー
       管弦楽団
平成5年度    石川 鹿童
 柴田  勲
 三浦 豊吉
 木俣 景翠
 大場 敏雄
 水野 網吉
 春日とよ加乃子
 吉見 英男
 神谷 竹志
 向井 利雄
 小田 精華
 小田 清泉
 杉浦 行宏
 
 平成2年度  佐伯 卓爾
 小林林之助
 伊藤 嘉典
 奥堀 次男
 鈴木 孝昌
   
≪文化賞≫
金原久雄(謡曲部会)


【略歴】
平成10年文化協会入会。平成25年度〜30年度まで蒲郡市文化協会会長。平成25・26年度愛知県文化協会連合会副会長を務める。
平成29年度愛知県文化協会連合会芸能大会を蒲郡で開催。
平成29・30年度愛知県文化協会連合会の監事を務める。
≪功労賞≫
内田 陽子(俳句部会)


【略歴】
平成4年俳誌「三河」に入会と同時に蒲郡市文化協会俳句部会に入会。平成25年度より俳句部会の理事・会計を務め、また楠若葉編集委員として「楠若葉」の発刊に尽力。平成20年伊吹嶺同人となる。平成22年俳人協会会員となる。平成30年第16回伊吹嶺賞受賞。
≪文化奨励賞≫
井野 佐登(短歌部会)

【略歴】
結社「まひる野」に所属。平成15年蒲郡市文化協会短歌部会に入会。
市民文化祭短歌会・蒲郡俊成短歌大会の選者である。実行委員を永く務めている。
中部日本歌人2019年中日短歌大賞受賞。永らく医療に携わりつつ、日常を詠んだ歌を収めた第6歌集「自由な朝を」(2019年9月刊行)が栄えある受賞。
≪文化賞≫
小林 憲三(写真部会)

【略歴】
昭和60年写真集団「雲」入会と同時に蒲郡市文化協会会員となる。
平成元年度〜9年度写真部会幹事。平成23年度〜26年度写真部会部会長。平成27年度〜令和2年度蒲郡市文化協会副会長として尽力された。
令和2年度は文化協会創立50周年の式典委員長として尽力された。
≪文化賞≫
鈴木 康祐(工芸部会)

【略歴】
昭和57年度〜60年度幹事。昭和61年度〜63年度運営委員。昭和64年度〜平成10年度理事。平成11年度〜18年度常任理事。平成19年度〜平成20年度部会長。平成21年度〜令和2年度事務局長。
長年にわたり、文化協会の役員を歴任。また、文協創立40周年、50周年は事務局長として、協会の発展に務めた。
   ≪功労賞≫
壁谷 禮伺(俳句部会)

【略歴】
昭和34年「三河」入会。文協創立より蒲郡市文化協会会員となる。昭和63年俳人協会会員。平成23年度〜令和2年度俳句部会部会長を務める。
平成26年度より子ども文化活動として出前講座を毎年行っている。
平成27年度愛知県文化協会連合会40周年記念文芸誌の編集長を務める。
令和元年〜俳誌「三河」主宰を務める。
≪お問い合わせ≫
蒲郡市文化協会事務局(蒲郡市民館内)
〒443-0035 愛知県蒲郡市栄町3番30号
TEL/FAX:0533-68-5509